役立ち情報?健康保険関係について

いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。
本日は、「健康保険関係」について執筆させて頂きます。

「そもそも健康保険ってどんなもの?」

● 健康保険とは?
退職と同時にいままでの健康保険の資格を喪失することになるので、新たに健康保険に加入する必要があります。

すぐに転職、再就職しない場合は、いままでの健康保険を任意継続するか、国民健康保険に

入するかのどちらかの選択になります。

健康保険任意継続
いままで会社で加入していた健康保険に個人で任意加入する制度です。会社が負担していた保険料も個人で負担するようになるので通常保険料は2倍になります。手続は住所地の「協会けんぽ」各都道府県支部で行います。

国民健康保険

市町村の運営する健康保険で、保険料は市町村で違いがありますので、直接市町村の窓口で確認する必要があります。

どちらの健康保険に加入するか
どちらの保険でも給付内容は、大きな違いはありませんから、どちらの保険料が安いかで判断されることになります。

健康保険任意継続の保険料は、簡単に計算できます。
何故なら、いままで給与から天引きされていた健康保険料を2倍すればいいからです。

しかし、最高限度額が決まっています。(以下の参考例は、東京都の平成24年度保険料)
40歳未満・・・・・月額27,916円
40歳以上・・・・・月額32,256円

たとえば、

従来の健康保険料が10,000円・・・任意継続保険料は、20,000円
従来の健康保険料が17,000円・・・任意継続保険料は、32,256円(40歳以上)

国民健康保険の保険料については、市町村の窓口で問い合わせることになります。

二つの保険料を比較すれば、どちらを選ぶべきかすぐわかるでしょう。

以上、雑談でした!

次回も宜しくお願い致します。