労働所得と不労所得の違い

【労働所得と不労所得の違い】

皆さま、労働所得と不労所得の違いをご存じでしょうか?

今回は労働所得と不労所得の違いをご説明させて頂きます。

〘労働所得とは?〙

労働収入とは時間を費やしてやった仕事の分だけ収入をもらう仕事です。

サラリーマン、公務員、弁護士、医者、自営業などほとんどの人がこの労働所得の収入です。

比率としましては約95%です。

労働についての対価を企業側から頂く形になりますので、収入の増減は各々が労働を行う事で

増えていきます。

また、企業に籍を置くため、基本的には所属している企業のみから収入を頂く形になります。

〘不労所得とは?〙

主に権利収入と呼ばれる形で、労働で収入を得る形ではありません。

例を挙げますと、マンション等の家賃収入や作家や作詞家等の作品が世に出て、それが売れている

限り売上金額のパーセンテージが支払われるという種類の収入です。

権利的な収入形態で、比率としましては約5%です。
収入形態が労働所得と違い、持っている資産を使用して収益を上げるスタイルになり、基本的

には労働を行う必要性がありません。

〘労働収入と権利収入についてまとめ〙

労働収入と権利収入の違いについてのご説明でした。

これをご覧になった皆さまは、どちらに属したいと思いましたか?

割合は95:5の割合ですが、収入割合はどちらが高いのでしょうか?

次回更新で確認して行きたいと思います。

また、労働収入と権利収入の中でも区分けがありますので、御説明させて頂ければと思いま

す。

閲覧有難う御座いました。